大きくなったので 洗面台の踏み台を取りました

4月から娘が小学生になりました。

背も大きくなってきたので、これまで洗面所で使っていた娘用の踏み台を取ってみることにしました。
洗面台がまだ高すぎるかな?歯ブラシやコップには手は届かないかな?と思いながら立たせてみると、全然そんなことはありません、むしろちょうど良いくらいです。
今まで、うがいをする時に高い位置からだと周りに水がはねてしまうので、体を低くして吐き出すように言ってきましたが、原因は踏み台に乗っていたせいだとわかり、うがいを注意していた自分を反省・・もっと早く台を外してやれば良かっただけのことでした。

歯磨きをしようと、台なしで洗面台に立ち、ライトを点けました。
鏡には首から上がギリギリ映りますが、上から照らすライトの明かりからは遠くなるため、自分の顔は暗く映ってしまいます。

すると娘は、そんな影の映った顔の両頬を手のひらで押さえながら

ちょっと ヤダ~ クマができてる~ 寝不足~ 

と、ぼやいています。

そんな姿を見た私は大爆笑!

いやいや、あなた9時には就寝して朝6時半まで起きないし、全く寝不足じゃないよ?
そもそもそれただの照明のせいによる影だし
クマとか寝不足とかどこで覚えてきたの?

ツッコミどころが満載の、6歳のレディの発言でした。