師走に突然訪れたピンチに翻弄される

正月休みに夫の実家に帰省することが出来ないという事を話したら、なんと夫の両親が我が家にやってくることになりました。
仕事でどうしても正月休みの間に何日か出勤しなければいけない日があって、長く休みを取ることができないというスケジュールなのは夫の方なのですが、良くありがちな結婚すると実家に寄り付かなくなるというような事を心配しているのかもしれません。
実家に帰省が出来ないときは親がやってくるという悪夢のような習慣がすっかり定着してしまった我が家です。
でも、師走で私も仕事が忙しいので、最近はお掃除も結構おサボり気味だったのです。
それを何とか、体裁の良い雰囲気に整えなければいけません。
色々と今後の予定を頭の中で考えます。
我が家はオール洋室なので、きっと年齢が高いご両親は足元が寒いだろうなと思って、ボアつきのスリッパとか、暖かい冬用のセンターラグなどを買ってこなければと思いました。
また、お魚料理とか、煮物とか、両親が喜ぶような食事のレシピも考えなければいけません。
そんな料理を今からクックパッドで検索しながら、買って冷凍できるものは既に用意しておこうと思って一生懸命準備中です。
大人になったから誰からもお年玉ももらえないけれど、おもてなしは結構な出費になるのでお財布事情が厳しいです。
でもこれをこなして、おもてなしが終わったら正月が来ると思って、今年最後の大仕事を頑張って果たしたいと思います。